大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

サーティーワンと見間違うようなバス用品店。船橋ららぽーと「Bathing(バスイング)」

船橋ららぽーと2階にアメリカンタイプの白いタイル貼りのお店があります。
店の奥にはアイスクリームの形をしたネオンが飾ってあり、その前にジェラートのショーケースのような什器が置いてあります。
a0068134_11223789.jpg

a0068134_1123539.jpg

ずいぶんおいしそうなジェラート屋さんかと思いましたが、実はここ、バス用品をアイスクリームやケーキのように売っている「Bathing(バスイング)」というお店です。
主にボディソープと入浴剤をジェラートやシャーベットに見立てバスホイップ、バスシャーベット、バスジェラート、バスソルトシュガー、バスデイケーキとして販売しています。
web通販でも購入できます。
a0068134_11364372.jpg

明るい店舗で非常に目立っており、ウインドウには真っ白な浴槽とお風呂で遊ぶおもちゃが並んでいます。
平台の上と壁際の棚の上にはすでに容器詰めされたバス製品やギフトセットが置いてあります。
a0068134_11371774.jpg

a0068134_1124516.jpg

ハーブの店「Botanicals」などを運営している「株式会社コネクト」の新業態になります。
ホームページを見ると船橋店のほかに直営店は北青山店、新宿ロフト店、渋谷ロフト店、大宮そごう店の4店舗です。
ハーバーシティ蘇我ホームズ蘇我店2階でも見ましたのでほかにもまだあるかもしれません。
ジェラートケースにはボディスクラブ、ボディソープなどが様々な色と香りで入っており、一例を挙げると「ラズベリー(ボディスクラブ)」が100g378円(税込)、「ミルクローズ(ボディソープ)」が同777円など、なかなか自分用に使うには勇気のいる値段のように思いました。
バス用品をジェラートのように販売するアイデアと店舗パッケージは非常に秀逸ですが、プライシングと品揃えにやや課題があるように思われます。それは全体的に量が多いこと、値段の安い商品がないということ。つまり自家消費用に気軽に買えるものが少ないのです。
たとえばキャンディのように小分けして(値段も抑えて)ケースに入れ、お客様に詰めていただく方法はどうでしょうか。
Sweet Factoryタイプか昔百貨店でよくあった駄菓子屋形式でピック&ミックス方式を取るのです。量り売りでもいいのですが、手間が大変なのでできれば均一価格にするとわかりやすくていいと思います。そして入口近くで展開する。これで普段使い用としてもずいぶん買いやすくなり集客装置にもなると思います。

Bathing(バスイング)ららぽーと店
住所:千葉県船橋市浜町2-1-1ららぽーと1 2F
営業時間:10:00 ~ 20:00
TEL.047-434-1026

http://www.lalaport.net/pc/A1-1?sid=812

ランキングに参加しています。よかったらぽちっとお願いします。
ブログランキング にほんブログ村
こちらもぽんとお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-09 11:33 | 生活雑貨
<< サーティーワンと見間違うような... 不思議空間。あかり屋さん「イン... >>