大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

褪せた色の味わいが森の中の家を思わせる。つくば「May Fairy」

a0068134_23155641.jpg

昨日に引き続きつくばのすてきな店を紹介しましょう。
外観は退色した外壁がなんともいえない深い味わいを感じさせます。
洞峰公園通りから北側に入った静かなたたずまいの住宅地の一角にあります。
まるで童話に出てくる森の中の家のようにひっそりとたたずんでいます。
針葉樹の下には少しさびの浮いた古い自転車とベンチが置いてあります。
a0068134_2316218.jpg

看板には「Since 1991 May Fairy Produced by May Project」と書かれておりその下にウェディングドレス 生活雑貨とあります。
a0068134_23164027.jpg

入り口には乳白色のランプが下がっており、左手には2階に上がる階段が見えます。
近づいてみると2階へ上がる階段の上に「フラメンコ衣装 Espana(エスパーニャ)」という看板がありました。入り口の白い扉をくぐって中に入ってみます。
エントランスは山小屋のように細い丸太がスライスされて貼ってあります。
右手には小部屋があってガラス越しに白いウェディングドレスやレース製品が静かに待ってるのが見えました。
そしてさらに右手に通路があってその先には食器やら食器棚などカントリー調の部屋になっていました。
a0068134_23174543.jpg

正面には大きな窓があってふわっとした灯りに部屋中が包まれ妖精でも現れそうでした。
そう、部屋全体はまさに妖精のすみかという感じで、やさしい雰囲気に包まれていました。
そして妖精の代わりに猫が歩いていたり寝そべっていました。
a0068134_2319235.jpg

日常を忘れ、不思議な世界に誘い込まれる店でした。
May Fairy(メイフェアリー)
住所:つくば市二の宮2-15-18
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
(小さい地図をクリックすると拡大します)
May Fairy

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-05-16 23:19 | 生活雑貨
<< VIRONのガレット 白いバラの這う洋館。緑と花に囲... >>