大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

今も70年代が息づくジャズ喫茶!前橋「ダウンビート」

前橋馬場川通り。
川というより小さなせせらぎのような静かな水の流れ。
昼間はじっと息を潜めるような通り。かといって夜にぎやかになるわけではない。
ただ、ランプや白熱灯の灯りが闇の中にぼうっと見え、ついつい足を運んでしまうようなところです。
この店も木々の間から漏れる電灯の光が印象的で、ちょうどおなかも空いていたので入ってみました。
a0068134_21593544.jpg

入り口の正面にはアナログディスクが壁一面にびっしり詰まっていて、そこに埋め込まれるように置かれたALTECのスピーカーからはキレのよいジャズが流れていました。
a0068134_22103124.jpg

ビストロかイタメシ屋かなと思ったらジャズ喫茶でした。
マスターに「メシ食えますか?」と尋ねると「できますよ」と即答。
仲間と一緒に店に入りました。
天井にはマイルスデイビスのポスターが貼られ、店内のいたるところに様々なポスターが貼ってありました。それはそのままこの店の歴史なのでしょう。
マスターに「いつからやってるんですか?」と尋ねると「もう33年もやってます」とのこと。
テーブルの脇には未だ現役かどうかもわからない古いピアノがあり、その隣にマスターがウッドベースを弾いている写真が飾ってありました。
a0068134_2159661.jpg

女性の気配すらなく、ひたすら男の世界。
流れている曲は聴いたこともないものばかりでしたがヌケのいいすばらしい音でジャズもいいなと心底思いました。キースとかメルドーくらいしか聴きませんからね、僕は。

ぶ厚い単行本を1冊持ってぜひこの店に行ってみてください。
きっと心地よい充実感に包まれますよ。

Down Beat
住所:群馬県前橋市本町2ー2-20
電話:027-233-4856
場所:
Down Beat

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-10-09 22:13 | グルメ
<< ひとりで過ごすゆったりした空間... 放置 >>