大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

2006年 01月 02日 ( 2 )

大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットレポート2005年記事一覧表

2005年の記事一覧表作ってみました。
ご興味もたれた記事がありましたら見てくださいね。
表参道エチカのブーランジュリー・ジャン・フランソワの記事はなぜか消してしまいました。
おかしいな・・・

①ニューヨークのグルメストア(高級スーパー):その1「ZABAR'S」
②ニューヨークのグルメストア(高級スーパー):その2「Citarella」
③ニューヨークのグルメストア(高級スーパー):その3「Whole Foods Market」
④築地市場場内「大江戸」
⑤ライフスタイル型ソリューションストア「ホームズ寝屋川」
⑥インテリア系ライフスタイルストア「George's」つくば店
⑦童話の世界のようなパティスリー。群馬県藤岡市「パレットの丘」
⑧カルチャー系ライフスタイルショップ「未来屋書店イオン水戸内原SC店」
⑨オープンに向けて着々!船橋IKEA日本1号店
⑩ニューフェイス登場!かわいい300円均一の雑貨屋。代官山「Cou Cou」
⑪表参道ヒルズ、いよいよ全貌表す!
⑫恵比寿のちっちゃな雑貨屋さん「エビスザッカ」
⑬ケーキ屋さんのようなタオル屋さん。富ヶ谷「fil+usine(フィル・ユージーヌ)」
⑭住宅地にある宝石箱。学芸大学「Barden Barden」
⑮仰天!タダモノではない品揃えの輸入パーツ屋!恵比寿「P.F.S. PARTS CENTER」
⑯絵本の世界へ招待してくれる、おとぎの国製作所。中目黒「colobockle」
⑰パリの香り漂う日用雑貨店。中目黒「Passe Compose(パッセコンポゼ)」
⑱文化の香り漂うアンティーク工房。恵比寿「アンティークス タミゼ(antiques tamiser)」
⑲シンプルで平凡なベーシックウェア。代官山「American Apparel」
⑳「女性」の「女性」による「女性」のためのコンビニ。虎ノ門「HAPPILY(ハピリィ)」
21.和風の洗練された空間で選べる究極のメガネストア!「JIN'Sガーデンスクエア前橋」
22.代官山の300円均一の雑貨屋「Cou Cou(クゥクゥ)」その後。
23.インテリア雑貨の穴場!舞浜イクスピアリ「INTERIOR SUPPLY」
24.ビジュアル進化でさらに魅力アップ!「ABC COOKING STUDIO」
25.イマジネーションの湧くインテリア雑貨!「パワジオ倶楽部・前橋」
26.ロンドン、アールズコートにかかる虹!みなさま、来年もよいお年を!

人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-02 13:27 | ひとこと

ヴィクトリア調建築のインドアマーケット、ロンドン「Leadenhall Market」

この日は郊外の「Lakeside Shopping Centre」に行く予定でBANK StationからFenchurch Street Stationに向かって歩いていた時、ちょっと道に迷ってしまいました。
道ばたの看板に「Leadenhall Market(Shopping Arcade)」と書かれてあったので、「こんなところにショッピングアーケードがあるんだ。ちょっと寄っていこう。」と思って行ってみたのがこのモールとの出会いです。
a0068134_1138298.jpg

ビクトリア調の美しいレンガ造りの建物が見えてきて、光の陰影が美しい屋根が付いています。
道ばたにはカフェのテーブルと椅子がずらっと並んでいました。
a0068134_1138501.jpg

さらに歩いて行くと十字路の真ん中で、パンやケーキ、おかしなどを売っていました。
ショッピングアーケードでインドアマーケットを開いていたのです。
おかし屋さんでは大きなテーブルに真っ赤なテーブルクロスを敷いて、その上に籐カゴを40個ほど並べています。
日本のナッツチョコのように丸い形をした色とりどりのチョコレートやドライフルーツなどがずらっと並んでいます。
普通の黒いチョコのほかに茶色いミルクチョコ、白いヨーグルトチョコが勢揃い。ドライフルーツもたくさんあって色とりどりでとてもきれいです。
a0068134_11391872.jpg

その隣ではケーキ屋さんがアップルパイ、チョコレートパイ、キャロットケーキ、マフィン、コーンブレッドなどを売っています。1個1£から3.5£くらい。1£が約200円でしたからちょっと高めです。
a0068134_11394199.jpg

十字路の左右でも道ばたでお店を開いています。
オリーブオイルを売っている店のビジュアルが特に秀逸でした。
銀色に光る金属製のビアサーバーのような容器が6つ並んでいて、その前には中身の詰まったボトルがずらり。
小さな器にオリーブオイルのサンプルが入っていてその前には小さく切ったバケットがあります。
味見してくださいね、ということでした。
ちなみにどんな種類があるかというと、ニンニク風味(250mlで4.95£=1000円ほど)、レモン風味(同5.5£)、オレガノ風味(同4.8£)、ミント風味(同5.9£)、チリ風味(同4.8£)などです。
a0068134_114046.jpg

その隣は漬物屋さん。大きな樽にいろんな種類のオリーブがどっさり。キムチみたいなタレに漬けたオリーブもありました。
a0068134_11403541.jpg

「H.S.LINWOOD & SONS」という魚屋さん、いままでこんなかっこいい魚屋さんみたことない。
特に外観が威厳と高級感を感じさせます。
モールには筆記具専門店の「THE PEN SHOP」や「GIFT SHOP」なども入っています。
パブやレストラン、カフェもあります。
有名になったら観光客がたくさん来そうです。

このLeadenhall Marketは14世紀に周辺の田舎から農産物を集めるためにできました。
1666年のロンドン大火にて部分的に焼失、1881年、建築家のHorace Jonesによってデザインされ、ガラスの屋根が取り付けられたということです。
ヴィクトリア調建築を見ているだけでも歴史と文化のすばらしさを感じることができると思います。ロンドンに行ったらぜひ行ってみてくださいね。
ちなみにこの「レドンホールマーケット」、ハリー・ポッターと賢者の石のロケでも使われたようです。

Leadenhall Market
住所:Whittington Avenue, EC3
最寄駅: BANK Station
営業時間:07:00~16:00
月~金曜日
行き方はここを見るとよくわかります。

a0068134_11434058.gif
人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-02 11:41 | ロンドン