大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

2006年 01月 05日 ( 1 )

犬も飼い主も楽しめる!アーリーアメリカンテイストの吉祥寺「Water Dog Garden」

ここのところずっと、海外のマーケットを紹介してきました。
今日も、ロンドンのポートベローマーケットを紹介しようと思ったのですが、ちょっと飽きてきたのでまた日本に戻って、大好きなお店を紹介します。
その名は「Water Dog Garden(ウォータードッグガーデン)」。
この店、ただのペットグッズのお店ではありません。
見かけからして、アメリカ西海岸の港町にありそうな白いペンキ塗りの酒場というかんじ。
(閉店時の写真しかありませんでした。カンジ出ないですね・・・)
a0068134_2237631.jpg

吉祥寺東急裏手の住宅街にあります。五日市街道沿いで吉祥寺本町郵便局の隣になります標識や看板など細かいところにもお店のこだわりを感じます。
1998年にオープン。オーナーは元デザイナー&イラストレーターということです。

店内はお世辞にも広いとは言えませんが、手作り感覚のグッズであふれています。
どちらかというとごちゃごちゃしていますが、不思議と汚らしい印象は受けません。
オーナーの「モノ」に対する愛情が伝わってくるあたたかみのある空間です。
a0068134_22375913.jpg

a0068134_22381218.jpg

ここにはほかの店で見たことのあるモノは一つもありません。
ほとんどがオリジナルなのでしょうか。
一つ一つの商品をじっくり見ていると、どこかとぼけていたり、ブサイクながらかわいいものばっかりで思わず笑みがこぼれてきます。
a0068134_22384826.jpg

上の写真の左側にちらっと写っているちょっととぼけた犬、見れば見るほど、ブサイクながら愛嬌のある顔をしています。
ぬいぐるみ職人リエゾウさんの手作り「犬ぐるみ」です。
a0068134_22412228.jpg

a0068134_22413643.jpg

上の写真は、どんぐりで作った犬がならんだ壁掛けプレートです。
笑っちゃうでしょ。

とにかく犬を飼っている方もそうでない方も一度行ってみてはいかがですか。
ペット関連のお店はたくさん見ましたが、これほど楽しい店はほかにはありません。
(吉祥寺の懐の深さを感じます)

この店の素晴らしいところを自分なりに客観的に見てみました。
それは「独自の世界観」をもっていること、その「世界観」を維持する商品のクオリティの高さ、オリジナリティがあること。」この2点だと思います。
これはどちらかというとマーケティング的手法ではなくselling手法ですが、この世界観が共感を呼び、人々が集まってくるという図式になっていると考えられます。反面、オーナー以外の方では再現できない。また量産=多店舗化が困難というデメリットがあります。
ただ、この店を見ていると拡大欲は全く感じられず、好きなものに囲まれた幸せな毎日が浮かんできます。それはそれでとても素晴らしいし、まさに「専門店」だと思います。
最近、こういうゆるいレトロな雰囲気の店がなぜか好きです。

Water Dog Garden
住所:武蔵野市吉祥寺本町4-3-16 さとうマンション101
営業時間:12:00から13:00の間~18:00
定休日:月・火曜日
Tel:0422-21-8667
(小さい地図をクリックすると拡大します)
Water Dog Garden
[PR]
by edolove | 2006-01-05 22:45 | 雑貨