大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

2006年 01月 21日 ( 1 )

「ノッティングヒルの恋人」の舞台となった「ポートベローマーケット」その①

①アンティックマーケット編

土曜日、ノッティングヒルは賑わいを見せる。
ノッティングヒルゲイト駅(Notting Hill Gate Station)から北に向かって伸びるポートベローロードの道路脇に数多くのストールが並ぶ。
今日は、土曜日。ポートベローマーケット(Portobello Market)が開かれる日だ。ポートベローマーケットは「アンティック」→「新品」→「果物と野菜」→「新品」→「フリーマーケット」・・・という順番に店が並んでいる。
僕もマーケットに向かう人たちに混じって駅から歩いていた。朝の9時過ぎ。まだ駅前の店は閉まっている。きれいに晴れ上がって、空気がぴんと張りつめた秋の一日。
a0068134_10434935.jpg

a0068134_10443443.jpg

住宅街を抜け10分ほど歩くとようやく道の両側に店が見えてきた。すでに多くの人で賑わいを見せている。
a0068134_1046896.jpg

まずはアンティックショップが勢揃い。ここはなんと朝の4時からやっている。
古いラグビーボールやボクシンググローブ、トロフィーなど昔のスポーツグッズ専門店。真鍮製の笛や「猛犬注意」「女性用」などのプレート、メダルトップなどをずらりと並べた店。銀製の食器専門店。蛇腹のついたクラシックカメラを50台ほど並べた店。銀製のカトラリー専門店。木や金属の凝った柄のついた虫眼鏡専門店などどの店もこだわりを持ってお客さんにお披露目している。
a0068134_10463516.jpg

a0068134_1046441.jpg

圧倒されるほど種類も量も多いが、値段もそれほど安くないので、目利きができる人かコレクターの人でないと上手な買い物はできないかも知れない。ただ好きなもの、気に入ったものを買うのが結局一番楽しい。
アンティックの双眼望遠鏡、かっこよかったなあ。クロームメッキで丸みのあるフォルムの本体と木製で真鍮金具の付いた三脚がレトロモダンな感覚でかなり物欲心をくすぐられた。(売ってる人も鷹のように鋭い目をしていた)
a0068134_10471075.jpg

ロンドンのアンティックマーケットといえば「ANGEL」のも有名だが、ここは店が中心で露天はあまり多くない。
ポートベローマーケットよりもっと大人の雰囲気。HOHNERのハーモニカを2個購入した。「ANGEL」のほうが買いやすいかも知れない。(下の写真がANGEL)
a0068134_10481962.jpg

Portbello Road Antiques Market
住所:Portobello Road, Notting Hill, W10, W11
最寄駅:Notting Hill Gate(Zone 1)もしくはLadbroke Grove(Zone 2)
営業時間:4:00am~6:00pm
営業日:土曜日のみ

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただいた方、明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-21 10:50 | ロンドン