大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

2006年 02月 04日 ( 1 )

キャンドルとニットとハンドクラフトと・・・小さなアトリエ。緑が丘「アミクサ(amikusa atelier shop)」

a0068134_2153215.jpg

緑が丘の住宅地の一角にある小さなアトリエ。
そこであたたかみのある手作りの作品たちが命を与えられています。
緑色のテントのついた白いモルタルの一軒家。
店の前には黒板が立てかけてあって、軒先には茶とオレンジと黄の看板があります。
ちょっと見つけにくい場所にあるので緑色のテント、白い家、黒板、三色の看板と覚えておいてください。
店に入るとまず奥の工房が目に入ります。
古くて大きな茶色のレジがどんと置いてあって、その奥では男の人が天井から沢山の照明の下、脇目もふらずに何か作っていました。
a0068134_2155757.jpg

入口横には白い木製のベンチがあって、色とりどりのクッションが載せてあります。
そして黒い折りたたみの自転車がその前にありました。右手には白い棚があってニット製品が並べられています。
一番上の棚にガラス瓶に入った毛糸があります。しゃれていてとてもいい見せ方でした。その前にも平台があってハンドメイドのニットが並んでいました。
a0068134_2155397.jpg

正面には分厚い天板の載った古いミシン台があってその上には井上アキヒロさん作のトートバッグが置いてあります。
天井からも吊り下げられています。
左手は3つのブースがあって、最初のは多肉植物とバッグとニット。
なんだか文章にすると変な取り合わせのようですが、白い棚の上に白とカラフルな色がとても映えています。
そして次のブースは手作りキャンドル。小さくて繊細でカラフル。
お菓子のようなフローティングキャンドル「Bit」はおいしそう。でもろうそくです。350円と値段も手頃。グラスに入った透明なキャンドルもありました。中には木の実、石、砂が入っています。透明感があって斬新な作品です。どれも使うのが惜しくなるような作品ばかりです。
その奥では若い女性が汗をかきながらキャンドルを作っていました。
このキャンドルは吉祥寺の「月時計」でも扱っています。
a0068134_21561957.jpg

a0068134_21562782.jpg

a0068134_21563674.jpg

そして一番奥のブース。ここはアンティックコーナーになっています。
古いトランク、糸巻き、カギ、スタンプ、古いアイロン、ミニトルソーなどが並べてありました。
a0068134_21565562.jpg

お店の中も外も、作品もみんな手作りのあたたかみのある世界でした。
ガラスの窓から差し込む光で作品たちがキラキラと輝いています。
都内にはこういう店がひっそりと隠れていますね。

amikusa atelier shop
住所:東京都目黒区緑が丘1-14-10
Tel:03-3724-6460
営業時間:13:00~19:00
定休日:水曜日
自由が丘駅から徒歩10分
緑が丘駅から徒歩5分
(小さい地図をクリックすると拡大します)
amikusa

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたら明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-02-04 22:01 | 生活雑貨