大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

カテゴリ:生活雑貨( 27 )

心安らぐ生活雑貨。宇都宮「seijitsuya(誠実屋)」

a0068134_23104246.jpg

「seijitsuya(誠実屋)」は同じ敷地に「レストランフィールド」と和雑貨の「露」があります。
宇都宮には珍しい郊外で生活雑貨を扱う店です。
今日はナチュラルテイストの生活雑貨「seijitsuya」を紹介します。
西川田本町の宮環と宇都宮栃木線の交差点にあります。カンセキの前と言った方がわかりやすいでしょうか。
レストランフィールドの陰に隠れるようにして、白塗りの一軒家があります。
お店の前の駐車場には酪農に使うような金属製のミルク入れや長靴が置いてあります。
a0068134_23112261.jpg

軒先のレンガのステップにはホーロー容器に黄色い水仙の花が生けてあってその回りには籐カゴがたくさん並べてあります。
茶紙に赤い糸を縫いつけて作った紙製バッグが何ともいい味を出しています。
左手には落ち葉の上に小さな洋風大八車が置いてあって中に携帯用のブランケット、脇にはゴム製のお風呂用シューズ(オーバーシューズかも)が置いてあります。
ほのぼのとした雰囲気が伝わりますか?
a0068134_23115763.jpg

店内も白とベージュと茶のナチュラルな世界。
ウェアや麻、綿のファブリック製品とキッチン用品がこじんまりと控えめに並べてありました。
a0068134_23124431.jpg

a0068134_23161592.jpg

a0068134_23133011.jpg

清潔で主張しすぎず、でもじっくり見ると魅力的なものばかりでした。
パラフィンシートを英字新聞でくるんだ紙袋もとても独創的で小粋でした。
「seijitsuya(誠実屋)」、その名の通り誠実な人柄が伝わってくるお店でした。

住所:栃木県宇都宮市西川田町71-5
TEL:028-645-5580
営業時間: 12:00~22:00
店休日: 水曜日

(小さい地図をクリックすると拡大します)
seijitsuya

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたら明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-02-07 23:14 | 生活雑貨

十字架とシャンデリアのまばゆく輝く荘厳な世界。中目黒「La Cienega(ラ・シエネガ)」

a0068134_1954827.jpg

今日は駒沢通りに昨年6月オープンした「La Cienega(ラ・シエネガ)」を紹介しましょう。
アンティークなビンテージ・シャンデリアやランプが天井からずらりと下がっていて、壁には宗教画もかけてあります。
グレゴリオ聖歌が流れてきそうな荘厳な重々しい世界が広がっています。
1900年~1950年、ヨーロッパで使われていたアンティークランプが時代を超えて今も輝き続けています。そんなに広くない店ですがコレクションギャラリーのようです。
a0068134_19542985.jpg

キリストの視線、荘厳なシャンデリア、そのあまりの迫力に圧倒されて、長居できませんでした。
ラ・シエネガのホームページに店内の写真や商品の写真、価格がたくさん載っているので参考にしてください。
ちなみにホームページで紹介されている店内の写真です。
a0068134_2083059.jpg

a0068134_2084341.jpg

a0068134_2085128.jpg

a0068134_208591.jpg

近所にモダンな照明をセレクトした「redrock」もあります。
こういう、「コンセプトのはっきりした」照明器具の専門店、目のつけどころもいいし、もっと増えるのではないでしょうか。この店舗のアトモスフィーでアンティックジュエリーなどを展開してもおもしろいですね。

住所:東京都目黒区上目黒2-30-8
Tel:03-6778-7855
営業時間:13:00~20:00
定休日:水曜日
(小さい地図をクリックすると拡大します)
La Cienega

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたら明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-02-05 20:09 | 生活雑貨

キャンドルとニットとハンドクラフトと・・・小さなアトリエ。緑が丘「アミクサ(amikusa atelier shop)」

a0068134_2153215.jpg

緑が丘の住宅地の一角にある小さなアトリエ。
そこであたたかみのある手作りの作品たちが命を与えられています。
緑色のテントのついた白いモルタルの一軒家。
店の前には黒板が立てかけてあって、軒先には茶とオレンジと黄の看板があります。
ちょっと見つけにくい場所にあるので緑色のテント、白い家、黒板、三色の看板と覚えておいてください。
店に入るとまず奥の工房が目に入ります。
古くて大きな茶色のレジがどんと置いてあって、その奥では男の人が天井から沢山の照明の下、脇目もふらずに何か作っていました。
a0068134_2155757.jpg

入口横には白い木製のベンチがあって、色とりどりのクッションが載せてあります。
そして黒い折りたたみの自転車がその前にありました。右手には白い棚があってニット製品が並べられています。
一番上の棚にガラス瓶に入った毛糸があります。しゃれていてとてもいい見せ方でした。その前にも平台があってハンドメイドのニットが並んでいました。
a0068134_2155397.jpg

正面には分厚い天板の載った古いミシン台があってその上には井上アキヒロさん作のトートバッグが置いてあります。
天井からも吊り下げられています。
左手は3つのブースがあって、最初のは多肉植物とバッグとニット。
なんだか文章にすると変な取り合わせのようですが、白い棚の上に白とカラフルな色がとても映えています。
そして次のブースは手作りキャンドル。小さくて繊細でカラフル。
お菓子のようなフローティングキャンドル「Bit」はおいしそう。でもろうそくです。350円と値段も手頃。グラスに入った透明なキャンドルもありました。中には木の実、石、砂が入っています。透明感があって斬新な作品です。どれも使うのが惜しくなるような作品ばかりです。
その奥では若い女性が汗をかきながらキャンドルを作っていました。
このキャンドルは吉祥寺の「月時計」でも扱っています。
a0068134_21561957.jpg

a0068134_21562782.jpg

a0068134_21563674.jpg

そして一番奥のブース。ここはアンティックコーナーになっています。
古いトランク、糸巻き、カギ、スタンプ、古いアイロン、ミニトルソーなどが並べてありました。
a0068134_21565562.jpg

お店の中も外も、作品もみんな手作りのあたたかみのある世界でした。
ガラスの窓から差し込む光で作品たちがキラキラと輝いています。
都内にはこういう店がひっそりと隠れていますね。

amikusa atelier shop
住所:東京都目黒区緑が丘1-14-10
Tel:03-3724-6460
営業時間:13:00~19:00
定休日:水曜日
自由が丘駅から徒歩10分
緑が丘駅から徒歩5分
(小さい地図をクリックすると拡大します)
amikusa

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたら明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-02-04 22:01 | 生活雑貨

熊本オークス通りの楠並木

a0068134_012491.jpg

昨日から熊本に来ています。
今日もいい天気で、もう春の陽気ですね。
いろいろ歩き回ったのですが、残念ながらブログで紹介したい店が見つけられませんでした。
「オークス通り」にある楠並木は存在感があって感動しました。
ビアレストランも並木に溶け込んでいい味出しています。
a0068134_01334.jpg

a0068134_0131519.jpg

a0068134_0132393.jpg

どなたか熊本のとっておきのお店紹介してください。

明日熊本から帰るのですが、帰宅が遅くなりそうなので、ブログの更新は出来ないと思います。
おてもやん像の写真でも載せますか。。。
あさって、またアップする予定です。
よろしくお願いします。
[PR]
by edolove | 2006-02-02 21:39 | 生活雑貨

居心地のいい雑貨&カフェ「広島AIDA with CAFE」

袋町小学校の前。コンクリートに黒い字で「広島AIDA with CAFE +」。それを壁の黒いランプが照らしています。昼間はまったく目立ちません。
しかも店は2階にあるため、見過ごされてしまいそうです。
a0068134_21354855.jpg

古びた木の階段を上がっていくと、ブリキのバケツやむき出しの裸電球が決して野暮ではなくあたたかみのある空間を演出する小道具として生きています。
a0068134_21362579.jpg

a0068134_21363478.jpg

踊り場にはガーデニング用品が置いてあり、左側には生活雑貨や服飾雑貨、奥にカフェ。正面にはもう一つ部屋があってここには和食器やステーショナリー、おもちゃがあります。
a0068134_2136582.jpg

a0068134_213791.jpg

a0068134_21372029.jpg

初めてAidaを見たのは川西モザイクで、吹き抜け部分にカフェ、奥に生活雑貨の売り場が広がっていて強く印象に残りました。
広島店はもっと奥ゆかしい存在で、ひっそりとあなたの来るのを待っている店です。
昔、アフタヌーンティーが持っていた雑然感や、素敵なものを見つける楽しみ、素朴さ、かわいらしさといったものをすべて持ち合わせている店です。
AIDAとは生活空間の「間」=アイダからきているそうですが、いい意味での「間」というか「空間表現」に優れている店です。
こういう店は多店舗化するとどんどんオリジナリティがなくなって、画一的、同一化していくものですが、この店は大阪を基盤に何店舗かあるにもかかわらず世界観を失わない本物の店です。

広島AIDA with CAFE
住所:広島市中区袋町5-38 山中ビル2F  
Tel:082-543-5567  
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
(小さい地図をクリックすると拡大します)
Aida

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたら明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-31 21:38 | 生活雑貨

郊外立地の都市型ライフスタイルストア。水戸「アーペ・ワールド(ape world)」

水戸から赤塚方面に4㌔ほど走ると岩間街道沿い見川に「アーバンテラス一周館」という9階建てのビルがあります。
その1階に一昨年9月オープンした「アーペ・ワールド(ape world)」。葉っぱのマークとロゴがしゃれています。(最初見た時はエイプ・ワールドと読むのかと思いました。)
a0068134_12533877.jpg

コンクリート打ちっ放しの冷たい外観ですが、店内から漏れるあたたかい光に誘われて入ってみました。
店内は思ったより広く、ape+かまわぬ(てぬぐい)、ape japanesque(和風テイストの雑貨)、ape francien(フレンチスタイルの生活雑貨とウェア)、ape beauty(アロマグッズ)、ape cafe(和風カフェ)の5つのゾーンで構成されています。
a0068134_12543593.jpg

a0068134_1254151.jpg

a0068134_12544758.jpg

a0068134_12545916.jpg

「人を飾るスタイル」ではなく「暮らすスタイル」のライフスタイル提案型ストアです。
通路の床は石張り、各ゾーンの床はフローリングで色や材質を変えています。
a0068134_12553494.jpg

しかもBGMはラウンジ系でいい感じ。こだわりが感じられます。
アパレルは代官山にある「ニーム」、てぬぐいも代官山の「かまわぬ」、スタイリッシュ家電の「±0」など都市型感度のアイテムを多数揃えています。VPも非常に上手でこれほど洗練された郊外型のライフスタイルショップは初めて見ました。
自由が丘や吉祥寺、青山あたりにあってもおかしくないほどの完成度です。

「アーバンテラス一周館」内には「アーペ・ベビー」というベビー専門の雑貨店もありますが、ここもオリジナリティがあってかつ洗練されています。
浜田の川沿いには生活雑貨専門の「アーペ・もあ(ape Moi)」があります。三角形の敷地に建つ古びた一軒家で他の整然としたapeと違い雑然とした味わいのある店です。
ひたちなかには「アーペ・フランシアン」と「アーペ・ボノール」があります。
どの店も洗練されていて期待を裏切らないと思います。
特に「アーペ・ワールド(ape world)」は高感度の品揃えとオリジナリティ、ビジュアルの見事さ、継続したテイストコントロール、アドバイザーの高いレベル。満点です。

アーペ・ワールド(ape world)
住所:水戸市見川2-108-26アーバンテラス一周館A棟101号
Tel:029-257-6267
営業時間:10:30~20:00
定休日:隔週火曜日

(小さい地図をクリックすると拡大します)
ape world

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただきありがとうございました。気に入っていただけましたら明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-29 12:56 | 生活雑貨

都心のオアシス。原宿「Farmer's Table(ファーマーズテーブル)」

原宿、キャットストリートにありながら緑あふれる空間が魅力の「Farmer's Table」。
a0068134_22375638.jpg

1階は「ファーマーズカフェ」という名のカフェ、2階は雑貨のセレクトショップ「ファーマーズテーブル」になっています。
素朴であたたかい雰囲気が好きで、ちょくちょく利用していました。
しかし去年、緑あふれる庭が突然コンクリートで舗装されてしまい、がっかりするとともに寂しさを感じました。
建物はよく見えるようになったのですが、せっかくの庭の「味わい」が台無しに・・・
何があったのでしょうか。
下の2枚の写真は舗装される前のものです。今と比べてどうですか?
a0068134_22383989.jpg

a0068134_22385179.jpg

この、「ファーマーズテーブル」、できてからもう20年を越える老舗で、もともと同潤会アパートの一室にありましたが、2000年の秋、現在の場所(エスキスの裏)に移転しました。
薄いクリーム色の外壁にブラウンの屋根、庭の緑がマッチして都心とは思えぬぬくもりがとても魅力です。
2階の雑貨コーナーでは、今でも多くの作家さんの作品が並べられ、狭いながらも充実した空間となっていて安心しました。
a0068134_22401711.jpg

a0068134_22402735.jpg

キャットストリートの1本裏手、Nibrick側からは2階の雑貨売り場に直接つながる茶色の扉があって、また違った表情を見せています。
a0068134_2241034.jpg

オーナー石川さんのセレクトする世界観を発信する手作り感覚の店、ファーマーズテーブル。
貴重な存在です。

Farmer's Table(ファーマーズテーブル)
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-1
営業時間:
ファーマーズテーブル 11:00~19:00
ファーマーズカフェ 11:00~20:00
(土日祝日は12:00~)
TEL:03-5766-5875
年中無休
(小さい地図をクリックすると拡大します)
Farmer's Table
ランキングに参加しています。最後まで読んでいただいた方、明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-26 22:45 | 生活雑貨

自由が丘のガーデニング用品店、「サンクスネイチャー(Thanks Nature)本店」

昨日、「スミス&ホーケン(Smith&Hawken)」を紹介しましたが、今日は日本のガーデニング用品店を紹介しましょう。
「自然をとりいれた暮らし」がテーマの自由が丘「サンクスネイチャー(Thanks Nature)」です。
a0068134_2128717.jpg

ここはガーデニング用品やグリーン、ウェアなどの販売だけでなく、住宅や庭のデザイン、ガーデンスクールなどソリューションサービスも行っています。
特に古びた味わいのある建物と花や葉っぱが渾然一体となった世界観が魅力です。
a0068134_2128411.jpg

a0068134_21285383.jpg

はっきり言うと店の外が魅力です。
a0068134_21291923.jpg

中は、辛口ではありますが、大したことはありません。
a0068134_212943100.jpg

ということで写真もいいのを選んでいたら外がほとんどになってしまいました。
昨日紹介した「スミス&ホーケン」とは逆ですね。
Thanks Natureも店内がスミス&ホーケンくらい魅力的な商品が並んでくれるといいんですが・・・
外は負けてませんよ!Thanks Natureのみなさん、頑張ってください。

ここの1階にある「チャヤ・マクロビオティック・カフェ(CHAYA MACROBIOTIC CAFE)」ではオーガニックコーヒーが飲めます。
ケーキ類も卵、バター、乳製品や砂糖は使用せず、オーガニック素材だけで作られています。
でもおいしそうですね。
ついつい名前に負けて「モンサンクレール」でケーキとアイスカフェラテを頼んでしまいました。
a0068134_21302345.jpg


ThanksNature自由が丘本店
住所:東京都目黒区自由が丘2-3-12
営業時間:11:00~19:00
TEL:03-3718-3961
(小さい地図をクリックすると拡大します)
ThanksNature

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただいた方、明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-25 21:31 | 生活雑貨

こだわりのガーデニング用品店。ミルバリー「スミス&ホーケン(Smith&Hawken)」

カリフォルニアの青い空。
ゴールデン・ゲート・ブリッジを渡ったこのミルバリー(Mill Valley)は静かな住宅地。
落ち着いた街並みでスーパーマーケットに入ったらなかなかいいじゃないですか。新鮮でデリも充実。買い物客も上品な感じです。
坂道の上に建つ「スミス&ホーケン(Smith&Hawken)」は周りを様々な花や木に囲まれ、グリーンの看板がひときわ目立っていました。アネモネやクレマチスも植わっています。
フェリーシモの通販で日本でもおなじみのガーデニング用品店ですが、建物の存在感からしてひと味違います。
a0068134_21202067.jpg

私がここを訪れたのは今から約4年前の秋です。店内はまだ一部セールをやっていました。
床は大振りのレンガタイルで、棚にはどっしりした木を使っています。また、大きなガラス製の窓が店の周りを取り巻いています。
昔ながらのクラシックな造りなのになぜか新鮮に見えます。空間の使い方、ゆとりの取り方がうまいせいでしょうか。
a0068134_21204439.jpg

たかがじょうろでもブリキ製や真鍮製の丸みを帯びたフォルムが非常に魅力的に写ります。
a0068134_22564489.jpg

剪定バサミもこんなにたくさん種類があるんですね。見せ方もしゃれてます。
a0068134_2124445.jpg

そして那智黒のようなつやつや光る黒い石やうす緑色の石が銅製の容器に入れてあり、真鍮のスコップとともに「絵」になっています。ほしいモノだらけです。しかし、なかなか日本へ持ち帰るのは難しそうです。
a0068134_23242876.jpg

気を取り直して、庭へ出ました。
赤、白、紫、色とりどりの花や生け垣を伝うバラ。少し赤く色づきはじめたカエデ、ハナミズキなどの木々で埋め尽くされています。近所のホームセンターもこういうのを取りそろえてくれないでしょうか。日本ではこのような本格的でセンスにあふれたガーデニング専門店には出会えませんね。
a0068134_21245223.jpg


ADDRESS: 35 Corte Madera Avenue Mill Valley, California 94941
PHONE: (415) 381-1800
FAX: (415) 381-5823
HOURS:
Monday - Friday 9:30 to 6
Saturday 10 to 6
Sunday 10 to 5

ランキングに参加しています。最後まで読んでいただいた方、明日への活力のため下のブログランキング にほんブログ村をクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-24 21:28 | 生活雑貨

アジアンテイストの100円均一ショップ。下北沢「bana bana(バナバナ)」

さて、吉祥寺100均ショップを紹介しましたが、下北沢にもアジアンテイストの100円均一ショップがあります。
ただ全品100円ではありません。ほとんどが100円ですが、200円、300円、500円、1000円(すべて税抜)のものもあります。
a0068134_12562776.jpg

場所はちょっとわかりにくくて、「下北沢東会」線路横スーパーオオゼキの先を左折、歩いてすぐの右側にあります。(電柱に舞踏教授 藤間勘七龍 勘七扇と書いてあります)
a0068134_12572350.jpg

この「bana bana(バナバナ)」は確か今から3年ほど前にできた店ですが、去年の秋に改装しました。
店頭にたくさんのカゴが並んでいてちょっとごちゃごちゃしています。
店内は黄色味を帯びた明かりがクラシックで懐かしさを感じさせます。
a0068134_12582339.jpg

入口右にはたくさんの「浮き球」が卵のようにならんでいます。
その前にはお箸の塔があって、箸置きがカゴに入って周りにぶら下げられています。
ほかの100円ショップと比べるとアジアンテイストの商品が多く、陶器類とカゴ類が充実しています。
a0068134_12584628.jpg

a0068134_1258569.jpg

a0068134_1259683.jpg

下北沢のほかには仙台、和歌山、大阪りんくう泉南、なんばシティ、三宮、福岡マリノアシティにあります。
神戸の三宮にはこの「bana bana」(ビブレ裏の路面)、「Natural Plenty」(神戸国際会館三ノ宮SOL B1)、それと「il-piatto(イルピアット)」(CLEFY三宮)と3店舗が揃い踏みしていますね。うらやましい。

bana bana 下北沢店
住所:東京都世田谷区北沢2-9-3下北沢藤間ビル1F
営業時間:
平日:11:00~20:00
不定休
Tel:03-5465-0849
地図はこちらです。(小さい地図をクリックすると拡大します)
bana bana

ランキングに参加しています。よかったらぽちっとお願いします。
ブログランキング にほんブログ村
こちらもぽんとお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-01-14 13:02 | 生活雑貨