大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

カテゴリ:グルメ( 29 )

南仏の田舎。青いドアを開けると・・・水戸「パティスリー・コサイ」

a0068134_20372352.jpg

オレンジと茶色を混ぜ合わせたような塗り壁、同系色の色違い瓦の屋根。
窓枠は白と水色、そして入口の扉は青。
童話に出てくるようなかわいらしい家が目を引く「パティスリー・コサイ」。
ロゴデザインや看板も秀逸です。
a0068134_20374989.jpg

a0068134_2038147.jpg

青いドアを開けると右手の棚や正面のワゴンには焼き菓子やギフトセットがいっぱい。
a0068134_2038386.jpg

その奥にはショーケースがあっておいしそうなケーキがたくさん並んでいます。
a0068134_20385836.jpg

左手には小さなショーケースがあっておいしそうなマロングラッセなどが箱に入っています。
a0068134_20393376.jpg

中央部分と入口横にはテーブルウェアなどの生活雑貨もおいてあります。
a0068134_2040057.jpg

店内は白の塗り壁で大きな梁や黄色味がかったあたたかみのある照明に包まれすばらしいアトモスフィアです。
ケーキもおいしかったのですが、大きな「シューラスク」これが美味でした。
a0068134_20402839.jpg

カリッとしてサクサク。ほんのりシナモンの味がして何個でも食べたくなるおいしさでした。

パティスリー・コサイ
住所:茨城県水戸市元吉田町2238-6
TEL:029-304-5560
営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日
(小さい地図をクリックすると拡大します)
パティスリー・コサイ

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-05-21 20:40 | グルメ

お皿いっぱいのスイーツ、プロバンスふうのカフェ。神戸三宮「a la campagne」

a0068134_0181810.jpg

神戸、三宮。
せっかくの美しい街なのに今日は雨でした。

神戸だけでなく東京でも有名になってきた「a la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)」に行ってきました。
1階は禁煙、そして2階は喫煙スペースになっています。
階段をトントンと上がり2階に行きました。
扉にはなにやらフランス語らしい白い文字が・・・
ケーキの名前かな?
a0068134_0183516.jpg

店内はナチュラルな木のテーブルと椅子、ベージュの壁、煉瓦タイルの床、そして天井には太い木の梁がむき出しになっていてプロバンスふう。
a0068134_0214773.jpg


早速ケーキを頼もうとすると大きな皿に山盛りのスイーツが載ったお皿が運ばれてきました!
ぬぉぉ、すごー。気持ち高揚、爆発寸前です。
a0068134_0242848.jpg

どれもおいしそう!
結局、この2つを注文。
a0068134_0253630.jpg

a0068134_0255170.jpg

脇についてくるアイスもいいじゃないの!
味の方は表現力がないので多くは語りませんが、絶品でした。
太鼓判押します!

ア・ラ・カンパーニュ神戸三宮店
住所:神戸市中央区北長狭通 1-10-6 ムーンライトビル1F&2F
Tel:078-322-0130

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-05-20 00:31 | グルメ

VIRONのガレット

今日は帰宅が遅かったので一発勝負。
丸の内TOKIAのVIRONではやりの「そば粉のガレット」食べてきました。
a0068134_032772.jpg

実は初体験。
クレープのようでクレープでない。
広島風お好み焼きのようで広島風お好み焼きではない。
そんなおやつとおかずの中間あたりに位置づけされる食べ物でした。
そば粉を使ったクレープのようなものに生ハムと目玉焼きが乗ったシンプルな料理です。
味のほうはちょっと塩辛かったなー。
定番のシードルと一緒に食すとうまいとは同伴者の談。
実は帰り際ふとカウンターを見ると「なんじゃ、こりゃー」
ひずめのついた生ハム!
まんまじゃん、これ!
a0068134_0334480.jpg

そしてその先に使命を終えたひずめがたくさんぶら下げてあったのでした・・・。
チーン。

VIRON(ヴィロン)
住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 トキア1F
Tel:03-5220-7288
営業時間:10:00~21:00
無休
場所はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-05-18 00:34 | グルメ

メゾンカイザー、PAUL、VIRON、オーバカナルのクロワッサン食べ比べ

コレド日本橋の「メゾンカイザー
ここはエリック・カイザーの天然発酵を使ったブーランジェリーが勢揃い。
ブーランジェリー&パティスリーコーナーとカフェは分かれています。
さてクロワッサンですが標準的な大きさ。
a0068134_2234117.jpg

あまりツヤツヤしていません。
そのまま食べてみると発酵バターの風味はするものの芳醇なバターの味わいや膨らみは感じられません。
思ったよりもパサパサしているのが気になります。
外のサクサク度:△
中のしっとり度:△
非常に有名で人気NO.1ということで期待していましたが、やや期待はずれ。
私の気に入ったのはハード系のチェリーの入ったパン。(写真右手前)
外側は噛みごたえがありますが、中はしっとり、もっちりとしていて少し塩味を感じます。
そこにチェリーの甘さが重なり合って絶妙。
a0068134_22345125.jpg

もう一つ、クロワッサン・オ・マンド。
クロワッサンとラム酒のシロップにひたひた漬け込まれたアーモンドクリームのハーモニーが目を見張るうまさ。
最高です!
a0068134_22352136.jpg


八重洲側だけど住所は丸の内のパシフィックセントラルウエスト「PAUL
マニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれたブーランジェリーで独自製法を今でも守り続けている店。
日本ではパスコが運営。
ここもカフェとブーランジェリー&パティスリーコーナーが分かれています。
クロワッサンですがここのも標準的なサイズ。
a0068134_22365451.jpg

メゾンカイザーと比べると縦の線が少ないのが目立ちます。
カフェで食べるときはマーガリンをつけてくれます。
そのまま食べてみるとメゾンカイザーよりもソフトな口当たり。
ただ中はしっとりしています。
外のサクサク度:△
中のしっとり度:○
ここのオススメはいちじくのハード系のもの。
噛みごたえがあってパン自体にもしっかり味が付いていてドライフィグのうまみと相まって絶品。
a0068134_22373139.jpg


丸の内TOKIAの「VIRON」
ブーランジェリー&パティスリーコーナーとバール、ブラッセリーコーナーが分かれています。
ここのクロワッサンはでっぷりと太っており見ただけで存在感があります。
a0068134_22375056.jpg

表面はつやつや。
サクっとして中はなめらか。バターの芳醇な香りとうまみが感じられます。
外のサクサク度:◎
中のしっとり度:◎
ずば抜けたうまさ!

このサンドイッチも見てください。ずっしりと重い!
a0068134_22381897.jpg


そして最後に、この間オープンしたばかりの銀座「オーバカナル
ここは小ぶりなブーランジェリー&パティスリーコーナーがあって、オープンカフェとバールがとっても広い店です。
クロワッサンは小さめ。
表面はカリッとしてなかなか食感よし!
中もおいしい。
外のサクサク度:○
中のしっとり度:○
手前のデニッシュもカスタードクリームと果実が口の中で混じり合って大満足。
いやあ、おなかいっぱいになりました。
a0068134_2239358.jpg


クロワッサンのうまさ結果発表(あくまで個人の主観です)
1位:VIRON
2位:オーバカナル
3位:PAUL
4位:メゾンカイザー

あくまでクロワッサンだけですからね。
メゾンカイザーのチェリーのパンとクロワッサン・オ・マンドはまた食べに行きたいし、PAULのハード系のパンやサンドイッチもまた食べたい。
今日取り上げた店はオリンピック出場選手レベルなので、全部おいしいんです。
だからそのつもりで読んでくださいね。


ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-05-13 22:40 | グルメ

ブーランジェリー&カフェ食べ比べ

今日はコレド日本橋のメゾンカイザー、八重洲パシフィックセントラルウエストのPAUL、丸の内TOKIAのVIRON、そしてこの間オープンしたばかりの銀座オーバカナルに行ってクロワッサンほかの食べ比べをしてきました。
まず、メゾンカイザー。
a0068134_001019.jpg

そしてPAUL。
a0068134_01932.jpg

丸の内VIRON。
a0068134_01509.jpg

オーバカナル。
ここはオープンカフェとbar、ブーランジェリーがあるのですが、夜になってしまったため店内です。
a0068134_025513.jpg

いずれも人気の店です。
結果が一体どうだったかは次回のお楽しみに・・・
[PR]
by edolove | 2006-05-10 00:03 | グルメ

昔風超弩級天丼を食すなら。浅草「土手の伊勢屋」

a0068134_23404134.jpg

創業明治二十二年。
まるで時代劇に出てくる町人の家のような、ここ土手の伊勢屋。
a0068134_23413254.jpg

この店では席について「天丼のC」と頼むべし。
すると、具でふたが閉まらない天丼が出てくる。
ふたを開け、驚きを隠しつつ平静を装い、通のように上に載っている具をふたに一時待避させる。
そしてあとはひたすら黙って食べるべし。
a0068134_23415471.jpg

これがこの店の正しい天丼の食べ方である。
ごま油で揚げた濃くてやや厚めの衣に甘辛いたれがかかっていて見た目はくどそう。
しかし、実際に食べてみるとサクサクで軽く、知らない間に箸がどんどん進む。
とにかくうまい天丼を食べたいなら黙ってこの店に行くべし。
大物外タレもひいきにする土手の伊勢屋。
待たずに入れたらラッキーです。

土手の伊勢屋
住所:台東区日本堤1-9-2
Tel:03-3872-4886
営業時間:
11:30~(L.O.14:00)
17:00~(L.O.20:00)※売切次第閉店
定休日:水曜日
交通手段:東京メトロ日比谷線三ノ輪駅3番出口より徒歩8分吉原大門の交差点に向かう
(小さい地図をクリックすると拡大します)
伊勢屋

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-04-20 23:42 | グルメ

イタリアの小粋さとフランスのおいしさの両方味わえる、丸の内TOKIA「VIRON」

a0068134_2134043.jpg

東京国際フォーラムの向かい、東京ビルの「TOKIA」。
ここは魅力的な「食」の店が揃っています。
「Good Evening MARUNOUCHI」の白文字キャッチがなにかワクワクさせてくれます。
a0068134_21342476.jpg

クリスマスにはデコレーションで一段と豪華になります。
そんなTOKIAの1階に「VIRON」はあります。
VIRONの肩書きはブーランジェリー、パティスリー、ブラッセリーと欲張り。
ケーキやお菓子、焼きたてのベーカリーを販売するガラスのショーケースが並んだテイクアウトコーナーと食事の出来るブラッセリーコーナーに分かれています。
a0068134_21355785.jpg

今日は、ブラッセリーコーナーを紹介しましょう
店内は赤の柱、ソファ、椅子、カーテンと「赤」が目立つイタリアっぽいつくり。
1階と少しスキップした中2階の2層構造になっています。中2階はなんか特権階級みたいだなと少しうらやましく思いました。
a0068134_2137125.jpg

入口左手はBARコーナーになっていてさまざまなお酒が並んでいます。
ここに置いてあるコーヒーマシンは日本で1台しかないそうです。
立ちながらですが一人でお酒を飲みながら食事を楽しむこともできます。
この場所だけは喫煙可なので、テーブル席をちょっと抜けだし、一息入れることもできるありがたいコーナーです。
a0068134_21365487.jpg

さて、ここには日本ではなかなか食べられない名物料理?があります。
それは「ブーダン・バスケーズ」というフランス料理です。この料理はメニューにあったとしてもスプーンの先にほんの少し乗っかっているくらいの店が多いのですがここは丸ごと「ドーン」と出ます。フランス人大喜びの店なのです。
しかし、その実態は・・・・
豚の血に香辛料を混ぜて腸詰めしたものなんです・・・。
知人がどうしても食べたいというので頼んでみました。
僕も初挑戦。そしてあっさりと引き下がりそっと友人のお皿に移したのでした。
a0068134_21382457.jpg

しかし、もっとおいしいモノが待っています。
「子牛の赤ワイン煮込み」。ルクルーゼの鍋に入って出てきました。マッシュポテト付きです。
肉が口の中で溶けていきます。絶品!
a0068134_21385547.jpg

「イベリコ豚のグリル、レンズ豆添え・・・」。ついにあこがれのイベリコ豚・・・。食します。
外側カリカリ、内側ジューシー!豚肉の持つうまみが凝縮!う、うまい。
バゲットも進みます。
「カスレ」というインゲン豆の煮込み料理も表面がグラタンのようにカリカリになっていて中はしっかり味がしみていて、これもうまい!
a0068134_21392571.jpg

デザートは3つ頼んで3人で山分けです。
「ババ」はラム酒漬けのシフォンケーキのようなものに生クリームの帽子をかぶせたケーキ。
ラム酒の大人びた味と生クリームの甘さが絶妙!
「プロフィットロール」はたこ焼きにチョコレートをかけたみたいなデザート。
シューがカリッとしてなかなかない抜群の食感。
「クルミのタルト」は想像してたとおりのおいしさ。
ちなみにこの3つがデザート人気ベスト3だったそうです。
接客もスマートでした。
自分がちょっとだけスノッブになったような錯覚に陥るほど、心地よい店でした。
お値段のほうもスノッブでしたが・・・
でも十二分に満足しました。
そして今日、またベーカリーでレトロドールとクロワッサンを買ってきました。
あんな太ってるクロワッサン、初めて見ました。明日の朝食が楽しみ!

VIRON(ヴィロン)
住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 トキア1F
Tel:03-5220-7288
営業時間:10:00~21:00
無休
場所はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-04-17 21:41 | グルメ

水戸の人気店。フランス菓子とサロン・ドゥ・テ「Leblanc(ルブラン)」

a0068134_23371978.jpg

千波湖の南、御茶園通りに水戸で人気のフランス菓子とサロン・ドゥ・テの店「ルブラン」があります。
薄いブラウンの外観に白い窓がシックな雰囲気の一軒家です。
レンガ敷きのエントランスの片方にはには真っ白なテーブルとチェア、もう一方には木のベンチが置いてあり庭の芝生や木々とともにいい世界観を持っています。
a0068134_2337531.jpg

店内は落ち着いたウッディなケースと天井から下がったガレ風の照明が高級感を出しています。
おいしそうな焼き菓子やジャム、チョコレートの数々、ショーケースに入った色とりどりのケーキ、どれもおいしそう。
a0068134_23381929.jpg

a0068134_23383554.jpg

売り場の隣はサロン・ドゥ・テになっていて花柄の壁紙が何ともロマンティック。
a0068134_2338592.jpg

Tフレーズと紅茶をいただきました。
少し酸味のあるイチゴとクリームの調和が見事でした。
a0068134_23392024.jpg

焼き菓子も100円台中心とリーズナブルながら美味でした。
a0068134_2339405.jpg

さすが人気の店でした。

ルブラン住所:茨城県水戸市千波町370
Tel:029-241-1991
営業時間:9:30~20:00
定休日:月曜日

(地図をクリックすると拡大します。)
茨城県水戸市千波町370

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-04-03 23:40 | グルメ

トスカーナのおいしい風。つくば「Arzonie ITALIA」

a0068134_20123676.jpg

354号線沿いのランチ時には行列の絶えない店、Arzonie ITALIA
エントランスに順番待ちのお客さんが座っています。
そこからガラス越しにケーキのショーケースが見えるのですが、イチゴや栗、新鮮なフルーツなどを使ったホールがたくさん並んでいてついつい目がいってしまいます。
a0068134_2013644.jpg

フランボワーズのムースをチーズのタルトで包んだルージュ、旬のフルーツがいっぱい載ったタルト・フリュイ、おいしそうなマロンの載ったマロンシフォン、チョコレートたっぷりのショコラ、定番イチゴのショートケーキ、ごまソースのかかったゴマシフォン、シューとフルーツのプロフィット、グレープフルーツトルテ、バナナショートケーキ、どれもおいしそう。
ショーケースの前にはいつも人だかりができています。
a0068134_20131427.jpg

エントランスの正面には野菜が飾ってあって、作った人の名前や写真が貼ってあります。
待っている間、あたたかいフレーバリーティーもフリーで飲むことができます。
a0068134_20135287.jpg

さて、順番が来てホールに案内されました。店内はエクリュ基調の落ち着いた雰囲気。
ランチはピザかパスタに450円追加すると、サラダ、ドリンク、そしてショーケースのケーキがセットになります。
前菜は春野菜のなんとやら、ヨーグルトソース添え。
シャキシャキした野菜と、周りをキャベツで巻いて中に野菜を固めたババロアのようなもの。
野菜嫌いの私でもおいしく食べられました。
そしてポスカイオーラ。これはベーコン、キノコとズッキーニのクリームパスタ。
麺は思ったより太め。クリームソースにチーズのコクがあってバツグン。これは美味でした。
そして栗のモンブランふうシフォンケーキ。
上質なマロングラッセ、ねっとりとしたマロンクリーム、生クリームとやや粗めのシフォンケーキのバランスがいい。
最後のアイスミルクティはアールグレイのようなフレーバーティー。
a0068134_20144172.jpg

スタッフの応対も気持ちよくトスカーナのおいしい風に吹かれたかのような贅沢で気持ちのよいひとときを過ごしました。
こぶしの白い花もきれいでした。

Arzonie ITALIA(アルゾーニ イタリア)
住所:茨城県つくば市赤塚703-3
Tel:029-839-5388
営業時間:11:00~23:00
ラストオーダー:22:00
(地図をクリックすると拡大します。)
アルゾーニ イタリア

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-04-02 20:15 | グルメ

太陽の下、まばゆく輝く人気のベーカリーカフェ。日進「YEAST PARADISE」

a0068134_1824687.jpg

愛知万博「愛・地球博」長久手会場の南、日進市の竹の山地区は椙山女学園、愛知淑徳大学、名古屋学芸大学、名古屋外国語大学、愛知学院大学に囲まれ、新しい住宅と共にしゃれた店が集まってきました。
先日紹介したメンズ、レディスセレクトカジュアルの「ANTOM SIDE」、おいしい料理と雑貨の「Brit Bowl」、ハンバーグのおいしいレストラン「ラ・メゾン」と今日紹介するベーカリーレストランの「YEAST PARADISE」など郊外とは思えないほどハイセンスな店が並んでいます。
周りにはおしゃれな家もいっぱい。
「YEAST PARADISE」は竹の山南交差点の角にあり、白さがまぶしく輝いているとても目立つ店です。
a0068134_1831743.jpg

店の前の駐車場は常に満車、横の駐車場も入れ替わり立ち替わりやってくるお客さんの車ですぐ埋まり、なかなか側に駐めるのは大変です。
その横、コメダ珈琲裏に第3駐車場までありました。
a0068134_1842880.jpg

お店にはいると正面にケーキやサンドイッチの入ったショーケースがあり隣がデイクアウトカウンター、その向かいにはパンコーナーになっています。
a0068134_1835511.jpg

左手奥がフルサービスサイド、右手がセルフサービスサイドです。
あまり大きくないパンコーナーにはおいしそうなパンがいっぱいでしかも安い!
a0068134_1845626.jpg

フルサービスサイドのランチは主にデリランチ(950円)とパスタランチ(1050円)。
パン食べ放題が嬉しいですね。
a0068134_1851984.jpg

私が行ったときはもう満席でした。
存在自体、オシャレなYEAST PARADISE、いかにも人気の店というたたずまい。
今度は早めに行ってランチを食べてみようと思います。
YEAST PARADISE
住所:愛知県日進市岩崎町竹の山9番地
Tel:05617-3-3301
営業時間:
平日:11:00~24:00
土・日・祝日:8:00~24:00
定休日:水曜日
(小さい地図をクリックすると拡大します)
YEAST PARADISE

ブログランキング・にほんブログ村へこちらもクリックお願いします。
a0068134_1123878.gif人気blogランキングへ
[PR]
by edolove | 2006-03-30 18:07 | グルメ