大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

カテゴリ:ファッション( 12 )

シンプルで平凡なベーシックウェア。代官山「American Apparel」


a0068134_17482328.jpg
代官山の旧山手通り沿い、神泉寄り(代官山からだと西郷山公園も越えて結構歩きます))に9月オープンしたAmerican Apparel(アメリカンアパレル)に行ってきました。
(MAPはホームページから転載させていただきました)
a0068134_17475355.gif

アメリカンアパレルっていう名前を聞くとアメリカ製のアパレルかなーと思うかも知れませんね。
そういう意味では名前のインパクトは弱いかも。
アメリカンアパレルはアメリカ国内はじめ欧州、アジアで70店舗以上展開している米国のカットソーブランドです。
日本ではトップウィンジャパンが輸入、商品供給し鳶が店舗を運営。

ロスで生産されファッション性と着心地の良さからアメリカではレディス中心に人気が高まっているそうですが、日本では受けないだろうな・・・
というのも色遣いが原色中心で外人向けであること、素材がチープで一昔前の商社系通販モノなみであること、デザインがシンプルすぎて特徴がないこと、以上3点が主な理由です。
10月にロンドンに行ったときも、人がごった返しているカーナビーストリートにありながら店内はガラガラでした。
ロンドン、カーナビーストリートの店の写真はこれです。
a0068134_17503570.jpg

代官山店はそれに加え立地もよくありません。
人通りの少ないところに立っています。
日本には原宿キャットストリート裏と麻布十番にも店があります。

代官山店の入り口には大きなウインドウでカラフルなコーディネートのマネキンが立っており、スポーツ用品店のようにも見えます。ディスプレーは専門的に見てもうまくありません。
a0068134_17523883.jpg

店内は少し下がっていて、中央部が低い什器、壁面と奥は2段掛けの什器になっています。
入り口右手にはペットウェアが置いてあります。
a0068134_1753142.jpg

あとはメンズ、レディスの中軽衣料と下着を扱っています。
a0068134_17531914.jpg
a0068134_17532926.jpg

どの商品も、これという特徴がなくわざわざ路面でショップを構える必然性を感じませんでした。
この場所でアバクロ(Abercrombie & Fitch)なら売れたかも知れません。
しかし、アバクロも日本出店を凍結しました。
次はアメリカンイーグルアウトフィッターズ(American Eagle Outfitters)かアーバンアウトフッターズ(Urban Outfitters)が要注目ですね。

American Apparel代官山店
住所:東京都渋谷区鉢山町15-5
電話:03-3464-1880
営業時間:
月~土:11:00~21:00
日:11:00~20:00
[PR]
by edolove | 2005-12-25 17:58 | ファッション

表参道ヒルズ、いよいよ全貌表す!

原宿、表参道の旧同潤会アパート跡地に建設中の表参道ヒルズ
2006年2月開業予定ですが、いよいよできあがってきましたね。
a0068134_0352083.jpg

青山通り側の端には旧同潤会アパートを再現。
a0068134_035564.jpg

残る西館、本館は、ガラス張りでビルの高さこそ以前と同じくらいですが、ガラス張りの外観はやや冷たい感じで、表参道のケヤキ並木にややそぐわない気もします。
a0068134_037172.jpg

森ビルの関係者も「失敗した」と言っているとか。
世界的に有名な建築家、安藤忠夫のデザインなんですけどね・・・。
ちなみに地上6階と地下6階で西館、本館、同潤館の3つの建物で構成。
商業施設は約1万㎡、初年度売り上げ目標は150億円です。
また新しい観光名所になりそうです。
a0068134_0375116.jpg

ちなみにテナント構成は以下の通りで、かなりアッパー系です。
○3階=「暗闇坂 宮下」が手掛ける「洋食 MIYASHITA」や、「XEX」「サルヴァトーレ」などを展開するワイズテーブルコーポレーションが手掛けるイタリアン「Bobbo & Salvatore」、日本酒ブティック&バー「はせがわ酒店」、スパイスショップ&カフェ「POIVRIER(ポワヴリエ)」など11店舗。
○2階=イギリスを代表するテーラー「Gieves & Hawkes(ギーブス&ホークス)」の旗艦店や、アンティーク時計の販売・修理を行う「CARESE(ケアーズ)」、スタージュエリーブティックスが手掛ける男性向けジュエリー&アクセサリー「SJX」など14店舗。
○1階=「Dolce & Gabbana」「Yves saint Laurent」「BOTTEGA VENETA」「M・A・C」の旗艦店や、日本初出店となるバッグ&シューズ「Jimmy Choo」、ジュネーブの伝統的機械式時計の「ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ)」など16店舗。
○地下1階=「ADORE(アドーア)」「H.P.FRANCE BIJOUX(アッシュ・ペー・フランス ビジュー)」の旗艦店をはじめとする、女性向けセレクトショップやジュエリー、アクセサリー、バッグ、シューズ取り扱いショップなど23店舗。「TORAYA CAFE(トラヤカフェ)」(虎玄)もオープンする。
○地下2階=イタリアの工業デザイナー、エンツォ・マーリ氏による新作ファニチャーブランド「HIDA」(飛騨産業)や、バラをテーマにしたコンセプトショップ「de la rose・・・(ドゥラローズ)」(ドラローズ)、貴和製作所が手掛ける新業態「GIRLS END KIWA」など15店舗。
○地下3階=ソニー・ファミリークラブが展開するECサイト「BEYES」初のリアルストア、京商が手掛けるRCサーキットショップ・バー、リアル・フリートが手掛ける家電ブランド「amadana」の旗艦店、文具のセレクトショップ「Delfonics」(デルフォニックス)、新生銀行とデロンギ・ジャパンのコラボによるバンク・カフェ&ショールームなど8店舗。
(テナント構成:シブヤ経済新聞より引用)
[PR]
by edolove | 2005-12-11 00:40 | ファッション