大江戸一(おおえどはじめ)のマーケットクリップ

<   2005年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ロンドン、アールズコートにかかる虹!みなさま、来年もよいお年を!

みなさん、こんにちは。
大江戸です。
8月から書き始めたブログ、ご覧いただきどうもありがとうございました。
まだまだ、知らないことも多く失礼がありましたらどうぞお許し下さい。
今年も、素晴らしい店、話題の店を求めて日本中駆けめぐりました。
10月にはロンドンにも旅してきました。
そして、様々な出会いがありました。
来年も、たくさんの素晴らしいお店に出会えるようアンテナを張り巡らせて、また偶然の出会いを求めて日本中、そして世界を旅してみたいと思っています。

ロンドン、EARL'S COURT駅に降り立ったとき、突然の夕立に見舞われました。
駅の出口で雨宿りしていると、夕日が向かいの建物に当たり黄金色に輝きはじめました。
そして大きな虹がその建物の上にかかったのです。
偶然のそしてうれしいプレゼントでした。
では、今年最後にその写真を載せておきます。
a0068134_12192157.jpg

では、来年もよろしくお願いします。
よいお年を!
[PR]
by edolove | 2005-12-31 12:20 | ロンドン

イマジネーションの湧くインテリア雑貨!「パワジオ倶楽部・前橋」

新前橋駅より旧17号線を高崎方面へ車で5分ほど走り、ファミリーブックの向かいにこの店はあります。
一見、ガーデンエクステリア用品店のように見えます。
a0068134_9133859.jpg

a0068134_914566.jpg

なかなかいい感じのエクステリアもあるなー、などと思いながらレンガ敷きの小径を奥に進んでいくとスタジオのような建物が正面と左にあります。
正面の建物は銀色の板を縦にずらっと張り巡らせたような感じで右肩にPowerdio SHOP1の赤いロゴが入っています。
黄色い取っ手がキュートなガラス窓にはMADRID EXPRESSとこれまた赤い文字が入っています。
a0068134_9151529.jpg

なぜかガラス窓のむこうにブリキのバケツが並んで見えるのが、ぐっときますね。
a0068134_9153641.jpg

左手の建物はコンクリート打ちっ放しのワイルドな感じで、屋上ガーデンも備えているようです。
右上にPowerdio SHOP2、中央の丸くくぼんだところにはPowerdio SHOP3というロゴが入っています。
入り口には「design gallery Powerdio」というプレートが取り付けてあって、その下の青い扉は丸いガラスの窓がはめ込まれています。内側には「GARDENING STUDIO POWERDIO MAEBASHI」の文字が入っています。

最初は勝手もわからず、打ち合わせ事務所なのかなと思いながら中に入ってみるとそこは息をのむ驚きの品揃えなのでした。
Powerdio SHOP1のほうはどちらかというと実用的に使えるものが多いのですが、Powerdio SHOP2は先日紹介した恵比寿「アンティークス タミゼ(antiques tamiser)」のように、そのもの自体が美しいもの、魅力のあるものが勢揃いしています。
何に使うか想像もつかないけれど、私たちが使い方を想像したり作り出したりする楽しみがあります。
これ以上はあまり説明しませんので写真を見てくださいね。
a0068134_9162757.jpg

a0068134_9163965.jpg

a0068134_9164927.jpg

a0068134_9165920.jpg

この店はなんと石油製品やLPガスなどの生活エナジーを取り扱う「株式会社三和」が経営しています。
な、なぜ?
ホームページを見てみるとこう書かれていました。
「自然素材のガーデニンググッズや家具、生活を彩る雑貨を通じて、お客様に「緑のある暮らし」を提案。また、外部スタッフの協力により、心地よいエクステリア空間をトータルに提案します。」
外部スタッフ!どこでしょうね。非常に興味があります。

もともと研修施設として作られたパワジオ倶楽部・高山もあります。
ここは同社ホームページによると「スペイン生活をモチーフにした、緑あふれる庭園とリゾートスペース。欧州のクラシカルな雰囲気はガーデンウェディング、パーティーに最適。高原の澄んだ風の中でくつろぐことができます。」だそうです。

たった一つの「モノ」からイマジネーションを働かせて自分の好きなストーリーが作れる、そんな楽しみが味わえるショップを紹介しました。


パワジオ倶楽部・前橋
住所:群馬県前橋市江田町277
営業時間:10:00 ~ 20:00
定休日:火曜日
Tel:027-254-3388
[PR]
by edolove | 2005-12-31 09:21 | インテリア

ビジュアル進化でさらに魅力アップ!「ABC COOKING STUDIO」

どちらかというと地味な「料理を教わること」をショーアップしてお客様をがっちりつかんだABC COOKING STUDIOですが、最近オープンした店ではさらにビジュアルの表現力が増し、ますます魅力的になっています。
出店場所も従来はリラクゼーションや美容院などと同様にどちらかというと建物のはずれにありましたが、最近では好立地を獲得したことで余計に目立っています。
a0068134_10425072.jpg

現在、全国に72ヶ所のスタジオがありますが、11月24日にオープンしたアスティ静岡スタジオは外壁にグラフィックパネルを何枚か貼り付け、ガラス窓の下は黄色、オレンジ、赤など暖色系のパネルをグラデーションで設置、店内もグリーンやピンク、オレンジの柱を使ってよりカラフルで楽しいお店になっています。また、スポットライトも数多く取り付けられており、まさに出演者が映える「舞台」となっています。
a0068134_10443664.jpg

同じ色で扉を塗り分けたロッカーもカワイイですね。
a0068134_1045895.jpg

参考までに従来のABC COOKING STUDIOの写真を載せておきますね。
随分変わったことがわかると思います。
a0068134_1045347.jpg

また11月28日にオープンしたABCアリオ川口クッキングスタジオでは、ABC COOKING STUDIO初のキッズスタジオを設置。
これも、店舗は新タイプでカラフルな上に、子供を劇場化してかわいさを演出。
a0068134_1046846.jpg

料理を教わるという地味な行為を、ショーアップして「見せる楽しさ」に変えたこの手法、まさに付加価値創造型ですね。
このやり方、ほかにも応用できそうです。
特に実用品やガテン系ビジネス、コンビニなどに有効ではないでしょうか。

アスティ静岡スタジオ住所:静岡県静岡市葵区黒金町47番地 アスティ西館1F
電話:054-653-6070
営業時間:
平日 10:00~22:00
土曜 10:00~22:00
日曜 10:00~22:00
休日 なし

アリオ川口スタジオ
住所:埼玉県川口市並木元町1番79号 アリオ川口2F
電話:048-250-0475
営業時間:
平日 10:00~22:00
土曜 10:00~22:00
日曜 10:00~22:00
休日 なし
[PR]
by edolove | 2005-12-30 10:52 | 料理

インテリア雑貨の穴場!舞浜イクスピアリ「INTERIOR SUPPLY」

舞浜イクスピアリ2階ミュージアムレーンに、マニアックなインテリア雑貨ショップがあります。
a0068134_12141251.jpg

メイン動線からはずれた立地が災いして今のところ、知名度も人気も今ひとつですが、これがなかなか侮れません。
WEBで検索しても、ほとんどヒットもありません。
そこで、この隠れた名店を紹介しましょう。
店名はズバリ「INTERIOR SUPPLY INC.(インテリア・サプライ)
インテリア用品供給会社という意味です。
a0068134_12134429.jpg

アメリカ西海岸にはモデルとなった店があるそうですが、日本ではこの手の店は見たことがありません。
どこがやっているか調べてみたら、イクスピアリの直営店でした。
腕時計のアルキメデス・スパイラル、アメリカン雑貨・服飾雑貨のコシラチェセ 、靴下&ストッキングのレグローヴ、雑貨・アパレルのカプセル・エイジなどひと味違うこれらの店もすべてイクスピアリの直営店です。
やるなー。誰が企画してるんでしょう?
a0068134_12145932.jpg

さて、本題に戻り、INTERIOR SUPPLYですが、決して広いとは言えない店内をうまく使って、驚くほどの品揃えです。
インテリア雑貨は、ナチュラル系が今の主流ですが、ここはシャープめで少しFOB COOPのような雰囲気です。
ただ、扱っているものはもっと幅広く、キッチンツール、テーブルウェア、カトラリー、調理家電、リビンググッズバス・トイレ用品、ストレージ、ツールボックス、照明器具、喫煙小物、ステーショナリー、ウォッチ、タイプライター、地球儀など女性はもちろんのこと男性の心もぎゅっとつかむものがたくさん揃っています。実際私も物欲心刺激されまくりでした。
a0068134_12161064.jpg

a0068134_12162436.jpg

a0068134_12163727.jpg

マーキュリーのランドリーボックス、ファイヤーキングの計量ピッチャーに入ったティー・ストレイナー、電子レンジOKのOSLOのカプチーノ・グラスカップ、カラフルなROBEXのボウルなど目に付くものすべてスタイリッシュ!
a0068134_12191022.jpg

a0068134_12192211.jpg

男の私でも半日は楽しめます。
シャープでクールな素材感ながらどこかレトロであたたかみのあるところも好きな理由のひとつです。

INTERIOR SUPPLY(インテリア・サプライ)
住所:千葉県浦安市舞浜1-4 イクスピアリ内:2Fミュージアムレーン
電話:047-305-5642
営業時間:
平日11:00~21:00
土日祝 10:00~21:00
[PR]
by edolove | 2005-12-29 12:21 | インテリア

代官山の300円均一の雑貨屋「Cou Cou(クゥクゥ)」その後。

12月9日に紹介した300円均一の雑貨屋「Cou Cou(クゥクゥ)」続報です。
11月売り上げは目標の1000万円を達成したということです。
あの立地で立派!
今月、福岡にもオープンし、デベロッパーからの引き合いも相次いでいるとか。
確かに、今までにないポップなアトモスフィーは新鮮ですね。
色遣い、照明、店名ともに秀逸です。
今後はオリジナル商品の開発ができるよう準備するということですが、それまでの間、商品の鮮度をいかに維持していくかがポイントですね。
しかし、均一価格市場にチャレンジしたこの業態、ぜひ成功して欲しいと心の中で応援しています。
[PR]
by edolove | 2005-12-29 01:04 | 生活雑貨

和風の洗練された空間で選べる究極のメガネストア!「JIN'Sガーデンスクエア前橋」

a0068134_23333599.jpg

JIN'Sガーデンスクエア前橋は株式会社ジェイアイエヌがやっている眼鏡店です。
代官山や京都、三宮、天神など大都市の中心部にある「JIN'S」、太田、蘇我、浜松など郊外のモールに出店している「JIN'S GLABAL STANDARD」、そしてロードサイドのアイウェアとカフェ併設店「ジンズガーデンスクエア」の3つの業態を持っています。
今日紹介するのはカフェ併設の「JIN'Sガーデンスクエア前橋」で、敷島公園近くの「前橋の代官山」と呼ばれている川原町にあります。平成14年オープンです。
(MAPはホームページから転載させていただきました)
a0068134_2352953.jpg

近所には生活雑貨「私の部屋」やキャプテンサンタ、ビリーザキッド、kiitotなどを扱う「clover hills style」、パスタハウスの「t momentje(モメンチェ)」などのしゃれた店が並んでいます。
a0068134_23522474.jpg

a0068134_23524145.jpg

JIN'Sガーデンスクエア前橋は木の幹を並べて石畳のように並べた駐車場、木とガラス貼りのコントラストがセンスを感じさせる建物が絶妙にマッチしてセンスとグレード感を感じさせます。
入り口にある真っ赤な看板もスパイスとして効いています。
a0068134_23525546.jpg

駐車場の床は木の切り株です。
a0068134_23343339.jpg

店内は天井が高くテーブルの材質や壁面の作り方、照明などセレクトショップのような存在感とアトモスフィを感じさせます。
a0068134_2354334.jpg

肝心の眼鏡の品揃えもハンパじゃありません。
どんな好みの人でも気に入った1本が必ず見つかると言っても過言ではないでしょう。
そして実は値段も安いのです。

検眼室など基本設備はもちろん付いています。
また、隣のカフェ棟とは廊下でつながっています。
カフェのほうもゆったりとくつろげそうなしぶいたたずまい。
a0068134_23542257.jpg

まさに眼鏡のファイナルデスティネーションストアと言えるでしょう。

JIN'Sガーデンスクエア前橋店
住所:群馬県前橋市川原町146番地の3
電話:027-260-1251
営業時間:平日11:00~22:00
[PR]
by edolove | 2005-12-27 23:55 | 雑貨

「女性」の「女性」による「女性」のためのコンビニ。虎ノ門「HAPPILY(ハピリィ)」

a0068134_2363846.jpg

am/pm初の女性向けコンビニが12月19日、虎ノ門にオープンしました。
取り扱いカテゴリーは、フード(ドリンク、デリ含む)、雑誌、CD、ケア用品、コスメ、サプリ、雑貨です。
虎ノ門といっても虎ノ門駅から徒歩8分、神谷町駅からは徒歩4分と断然神谷町駅のほうからのほうが近いです。
私は虎ノ門駅から桜田通りの銀杏並木をてくてく歩きながら行ってまいりました。
今日は強風で銀杏の葉がビル風に舞って頬に当たり、ミニ竜巻のようになっていたので身をすくめながら歩いてました。
a0068134_2321572.jpg

HAPPILYは桜田通り、SVAX TTビルの1階にあり、白地にピンクの文字でHAPPILYと書いてあります。
割と殺風景な通りなのでお店自体はよく目立ちます。
a0068134_2331028.jpg

店名の下に小さくレディスコンビニエンスとあるので、男の分際では入りにくい・・・
まるで女性専用車両に間違って乗った気分です・・・
勇気を出して入ってみました。
正面は3段テーブルとバケツのフードVP。チョコフレークやポテトチップス、絵本などが置いてありました。
a0068134_23383440.jpg

その右手がコスメやサプリ、ケア用品など男子禁制区域になっています。サプリの品揃えは圧巻です。
a0068134_2371411.jpg


a0068134_2372816.jpg

左手前面はCDと雑誌など。CDプレーヤーはタワーレコードみたいでカッコイイ!
雑誌はすべて女性誌。
a0068134_2375788.jpg

a0068134_238795.jpg

その後ろはフードゾーンです。壁面はフード・デリコーナー。
フードでもおでんのかわりに焼きいも、国産菓子より輸入菓子主体とコンテンツは通常のam/pmと異なっています。
ちなみに焼きいもは「焼きおいも」と書いてありました。
トイレはアロマの香りがして、試供品もいっぱい置いてあり、化粧直しもできると利用した女性が言ってました。
カウンターにはジューススタンドがあり、店員は全員女性。
なかなか男の身では居づらかったなー。
a0068134_239177.jpg

しかし、女性専用とか女性限定とかだと出店立地が限られますね。
それより高齢化社会をふまえて値札の文字を大きくしたり、一部介護用品やお茶うけを充実させた老人にも優しい店「Oldies」。ホームセンターが近くにない都心部のミニホームセンター、ミニ東急ハンズ「Parts&Convinience(パーツ・アンド・コンビニ」とかあくまで今のコンビニの商品にプラスアルファするとか一部変更する形にして、既存の対象客も確保する形式でいったほうがいいと思います。

この店、わざわざ見にいくほどのお店ではありませんが、近くを通りかかったらネタにもなるので行ってみてはいかが。

HAPPILY(ハピリィ)虎ノ門3 丁目店
住所:東京都港区虎ノ門3丁目11番15号
電話:03-3464-1880
営業時間:24時間営業
店舗面積:63坪
アイテム数:約7,000アイテム
目標売上:85万円/日
来店見込:1,300人/日
想定主要顧客層:20代前半~30代後半女性
[PR]
by edolove | 2005-12-26 23:10 | コンビニ

シンプルで平凡なベーシックウェア。代官山「American Apparel」


a0068134_17482328.jpg
代官山の旧山手通り沿い、神泉寄り(代官山からだと西郷山公園も越えて結構歩きます))に9月オープンしたAmerican Apparel(アメリカンアパレル)に行ってきました。
(MAPはホームページから転載させていただきました)
a0068134_17475355.gif

アメリカンアパレルっていう名前を聞くとアメリカ製のアパレルかなーと思うかも知れませんね。
そういう意味では名前のインパクトは弱いかも。
アメリカンアパレルはアメリカ国内はじめ欧州、アジアで70店舗以上展開している米国のカットソーブランドです。
日本ではトップウィンジャパンが輸入、商品供給し鳶が店舗を運営。

ロスで生産されファッション性と着心地の良さからアメリカではレディス中心に人気が高まっているそうですが、日本では受けないだろうな・・・
というのも色遣いが原色中心で外人向けであること、素材がチープで一昔前の商社系通販モノなみであること、デザインがシンプルすぎて特徴がないこと、以上3点が主な理由です。
10月にロンドンに行ったときも、人がごった返しているカーナビーストリートにありながら店内はガラガラでした。
ロンドン、カーナビーストリートの店の写真はこれです。
a0068134_17503570.jpg

代官山店はそれに加え立地もよくありません。
人通りの少ないところに立っています。
日本には原宿キャットストリート裏と麻布十番にも店があります。

代官山店の入り口には大きなウインドウでカラフルなコーディネートのマネキンが立っており、スポーツ用品店のようにも見えます。ディスプレーは専門的に見てもうまくありません。
a0068134_17523883.jpg

店内は少し下がっていて、中央部が低い什器、壁面と奥は2段掛けの什器になっています。
入り口右手にはペットウェアが置いてあります。
a0068134_1753142.jpg

あとはメンズ、レディスの中軽衣料と下着を扱っています。
a0068134_17531914.jpg
a0068134_17532926.jpg

どの商品も、これという特徴がなくわざわざ路面でショップを構える必然性を感じませんでした。
この場所でアバクロ(Abercrombie & Fitch)なら売れたかも知れません。
しかし、アバクロも日本出店を凍結しました。
次はアメリカンイーグルアウトフィッターズ(American Eagle Outfitters)かアーバンアウトフッターズ(Urban Outfitters)が要注目ですね。

American Apparel代官山店
住所:東京都渋谷区鉢山町15-5
電話:03-3464-1880
営業時間:
月~土:11:00~21:00
日:11:00~20:00
[PR]
by edolove | 2005-12-25 17:58 | ファッション

文化の香り漂うアンティーク工房。恵比寿「アンティークス タミゼ(antiques tamiser)」

恵比寿南一交差点からすぐのやや黄ばんだ公団住宅のような「総合荘苑ビル」の1階101号室にこのお店はあります。(MAPはホームページから転載させていただきました)
a0068134_10515858.gif

1階と言っても実際の1階は駐車場のようでシャッターが閉まっており、2階のように見えます。
ベランダの窓と窓の間には古い木が無造作に並べてあって木工所のような印象を受けます。
a0068134_10525036.jpg

ビルの入り口に入ると、マンションのような郵便受けが並んでいて101号室のところに小さな白い紙が貼ってあります。
その紙にはこんなふうにスタンプが押してあり、一番下に自筆で吉田昌太郎とサインがしてあります。

antiques
tamiser
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-9-8
           落合荘苑ビル101
Tel:03-3792-1054
吉田昌太郎

お店の入り口を入ると左手が吉田昌太郎さんのいるスペースになっていました。
店内は白いペンキで塗ってあり、床はランダムな幅の木が敷き詰めてあります。
入り口の横にはプロジェクターで映像が流れており、アンティークとのコントラストがおもしろい「不思議で文化的な空間」が漂っています。
a0068134_10533141.jpg

何に使うかわからないけれど、もしくは特に必要性は感じられないけれど魅力的なものがここにはあふれています。
でも、普通の骨董屋さんではありません。
何かが違うのです・・・。
ガラクタとは呼べない何かは吉田昌太郎さんのコダワリでしょうし、それを表現するお店自体がアートになっているとも言えるでしょう。
写真を見ていただければわかると思いますが、実用的なものはわずかで、それ自体に魅力のあるモノが多く、使い手がどうやってこれを使おうか、どうやってこれを置こうかと想像する楽しみがあります。
それはどこか自分が文化人の仲間入りをしたような贅沢な気分を味わわせてくれる、そんな空間だなと感じました。

a0068134_10534228.jpg

a0068134_10535348.jpg

a0068134_1054417.jpg


アンティークス タミゼ(antiques tamiser)
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 落合荘苑ビル101
営業時間:12:00 ~ 20:00(日曜日のみ12:00~19:00)
定休日:月曜日
Tel:03-3792-1054
[PR]
by edolove | 2005-12-24 10:55 | インテリア

パリの香り漂う日用雑貨店。中目黒「Passe Compose(パッセコンポゼ)」

昨日紹介したcolobockleの20メートルほど先に真っ青な扉の白い家が見えます。
a0068134_12212236.jpg

扉にはPasse Compose BROCANTEの黒い文字が。

その下に白い字でこんなふうに書いてありました。

ヨーロッパから届いた日用雑貨店
テーブル、いす、ベッド、ランプシェード、やかん、ポット、ホーローのキッチン小物、キッチンクロス、テーブルクロス、お皿、カフェオレボール、ジャムポット、缶、箱、古い布、麻のシーツ、レース、リボン、手刺しゅう、パッチワーク、キルト、手作り小物、古着、人形、おままごとetc・・・
お気軽にご覧下さい

この一軒家もまたcolobockleのような世界観を持った家です。
ただcolobockleはおとぎの世界ですが、パッセコンポゼはフランスのいなか暮らしの世界。
パリのブロカント(のみの市)などで買い付けてきたパッセコンポゼ(古い昔のもの)が店内にあふれかえっています。
ちなみにパリののみの市はこんなもんですよ。ガラクタいっぱいなのでいいものを探す「眼力」が必要です。
モントルイユとナザレののみの市の写真も載せておきますね。
a0068134_1228658.jpg
a0068134_12281524.jpg


このお店「パッセコンポゼ」の入り口の青い扉は開いていて、もう一つ内側の扉を開けて中に入ります。
玄関はランダムでカラフルなタイル張りになっていて左側に木の箱が置いてあります。
その横には小さな木の折りたたみ椅子が置いてあって、古い布が掛けてあります。その上には古い泡立て器、真っ赤なホーローのポット、レースのテーブル掛けなどが置いてあって、このお店を凝縮した世界が広がっています。
a0068134_12261053.jpg


その先に売り場につながる階段があります。
階段の途中にはブリキのじょうろや鳥籠が置いてあって、正面には2階の真っ白い壁が見えます。その下の棚には古い缶がたくさん並んでいます。
a0068134_12291916.jpg

階段を上がってみました。
うわー、色とりどりの日用雑貨がいっぱい。
a0068134_12345967.jpg
a0068134_1235852.jpg
a0068134_12351964.jpg

パリののみの市はがらくたの中に一握りのいいものがあるというかんじでしたが、ここはいいものばっかり買い集めたという品揃えで、脱帽です。
特にホーローやじょうろはかわいいなー。
フランスなどヨーロッパの日用雑貨に対する愛情がとても伝わってくるお店です。
「ホンモノ」ってカンジがしました。

パッセコンポゼ
住所:東京都目黒区中目黒
営業時間:12:00~19:00(18:00かも)
定休日:月曜日、火曜日
(小さい地図をクリックすると拡大します)
パッセコンポゼ
[PR]
by edolove | 2005-12-23 12:36 | インテリア